読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.■ザトウクジラの「異常な大量死事象」 米大西洋沿岸で調査■「捕鯨の理解深めて」 追い込み漁批判の反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」世界へネット配信(産経)

■SS側から一転「捕鯨の歴史や正当性を伝えたい」和歌山・太地に魅せられた豪ジャーナリスト■イルカ漁批判欧米人二重基準反捕鯨団体SSが日本に賠償金255万ドル支払い連邦高裁の仮処分に違反(産経)

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1942982351&owner_id=2034063

・・・・・・・・

■<ケネディ大使>「イルカ追い込み漁の非人道性を深く懸念」■なぜ米国はイルカ漁に敏感なのか? 米大使が批判発言(THE PAGE)

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1920440041&owner_id=2034063

・・・・・・・・

■【テキサス親父】ケネディは日本文化に無神経イルカ漁は400年以上続く伝統■ケネディ大使米政府見解でなく実は「個人的意見」の可能性■「イルカ漁反対」と水産庁前で抗議=ケネディ発言受け市民ら(時事)

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1920423548&owner_id=2034063

・・・・・・・・

■ザトウクジラの「異常な大量死事象」 米大西洋沿岸で調査(1/2)

【4月28日 AFP】2017年04月28日 12:53 

発信地:マイアミ/米国

http://www.afpbb.com/articles/-/3126710

米ニューヨークのロッカウェービーチに打ち上げられたザトウクジラの死骸を調べる調査員(2017年4月5日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Spencer Platt

米国の大西洋(Atlantic Ocean)沿岸沖で2016年以降に死んだザトウクジラ(学名:Megaptera novaeangliae)の頭数が異常に増加している事態について、調査チームがその原因の究明を進めている。この海域では多くのクジラが船と衝突して死んでいるとみられるという。当局が27日、明らかにした。

 米国海洋大気局(NOAA)によると、米メーン(Maine)州から米ノースカロライナ(North Carolina)州までの沿岸沖の海域で死んだザトウクジラは、これまでに合計41頭に上っているという。

 同海域では例年、平均14頭のザトウクジラの死を確認するが、2016年は26頭とこの数字を大きく上回った。2017年はこれまですでに15頭が死んだ状態で海岸に打ち上げられている。

 NOAA海洋漁業局(National Marine Fisheries Service)北東部地域担当の海洋哺乳類座礁調査官のメンディ・ギャロン(Mendy Garron)氏は、「大量死の増加を踏まえて、大西洋沿岸のザトウクジラに対して『異常な大量死事象(Unusual Mortality Event、UME)』の発生が宣言された」と語った。海洋哺乳類の座礁が「突発的で、個体数の著しい減少を伴い、即時の対応を要する」場合は常にUMEが宣言されると記者団に説明した。

 そして今回、ザトウクジラ20頭に対して、死因を特定するための解剖が行われた。うち10頭には、鈍力による急性外傷を示す痕跡がみられた。外傷は船やボートとの衝突、大型スクリューによる切り傷で、これが死因となった可能性が高いことを示唆している。

 残りの10頭には、そのような明白な痕跡はみられなかった。調査チームは、クジラの死に関与した可能性のあるその他の要因を解明するため、現在も調べを続けている。

■ザトウクジラの「異常な大量死事象」 米大西洋沿岸で調査(2/2)

http://www.afpbb.com/articles/-/3126710?pid=0&page=2

■原因は不明

 調査チームは、今回の異常な大量死の原因についてまだ解明には至っていないことを強調する。ギャロン氏も「これまでに検査を行ったクジラには、感染症の兆候はみられなかった」と指摘した。

 ザトウクジラの大半は、もはや絶滅危惧種とはみなされていない。個体数が回復に向かっているとの理由から、2016年には米国の絶滅危惧種リストから外された。北大西洋(North Atlantic)には現在、1万頭以上のザトウクジラが生息している。

 1982年に施行されたザトウクジラの捕鯨に対する国際的な商業捕鯨モラトリアムは、現在もまだ効力がある。

 NOAAによると、大西洋のザトウクジラの異常な個体数減少は過去にも2003年、2005年、2006年にそれぞれ報告されているという。これらの大量死の原因は特定されていない。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

・・・・・・・・

■豪でグレーハウンド毎年1万匹以上が殺処分

2015年09月29日 16:57 発信地:シドニー/オーストラリア

http://www.afpbb.com/articles/-/3061598

【AFP=時事】オーストラリアのドッグレース業界で、毎年1万3000〜1万5000匹の健康なグレーハウンドが殺処分されていると28日、豪業界団体「グレーハウンド・オーストラレーシア(Greyhounds Australasia)」が内部報告で警告した。

・・・・・・・・

■虐待・遺棄される狩猟用グレーハウンドを救え、スペイン

http://www.afpbb.com/articles/-/3057485?utm_source=yahoo&utm_medium=news&utm_campaign=txt_link_Tue_p1

 内部報告をした調査委員会が発足されたのは、オーストラリア放送協会(ABC)が、競犬用のグレーハウンドの訓練で子ブタやウサギ、オポッサムなどの動物が生き餌として使用されていると報じたことだった。調査の結果、グレーハウンドのレース業界では過剰なまでに繁殖が行われており、健康には問題ないがレースに不適格とみなされたグレーハウンドが毎年多数、殺処分されていることが発覚した。

 調査を支援したスティーブン・ラッシュトン(Stephen Rushton)氏は「毎年1万3000〜1万5000匹の(グレーハウンドの)無駄な死の責任は、レース業界にある」と非難した。ニューサウスウェールズ(New South Wales)州の調査では、レースに不適格と判断されたグレーハウンドに里親が見つかったり、訓練士がそのまま飼ったりすることはほとんどないという。

 オーストラリアのグレーハウンドのレース業界は世界最大規模で、生き餌の使用は数十年間から禁止されており、刑罰の対象となる。しかし2月に放映されたABCの番組には、レースの訓練の中で、機械仕掛けのおとりに固定された生き餌を、グレーハウンドが追い掛け、引き裂く様子などが写っていた。

・・・・・・・・

■豪政府、野良猫200万匹の殺処分を計画 仏女優らが非難

2015年07月22日 17:46 発信地:シドニー/オーストラリア

http://www.afpbb.com/articles/-/3055210

豪政府、野良猫200万匹の殺処分を計画 仏女優らが非難 写真拡大

【7月22日 AFP】オーストラリア政府が同国の在来動物に害を与えているとされる野良猫200万匹の殺処分を計画していることについて、フランスの女優ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)さん(80)が、強く非難する公開書簡を同政府に送った。動物愛護団体も22日、この計画が成功する見込みは薄いと指摘した。

オーストラリア大陸では2世紀前の欧州人による入植開始以降、動物種の10%以上が絶滅。特に哺乳類の絶滅率の高さの背景にあるのは、野良猫の存在だと言われている。

グレッグ・ハント(Greg Hunt)環境相は先週、オーストラリア放送協会(Australian Broadcasting Corporation、ABC)に対し、国内には2000万匹の野良猫がおり、数多くの固有種の動物たちを毎晩捕食しているという指摘を受けたとして、2020年までに200万匹の野良猫を殺処分し、鳥類や哺乳類の生息数回復のために猫がいない保護地区を創設するとの目標を設定したと表明した。

豪政府は猫の殺処分は安楽死とする点を強調しているが、バルドーさんは国際社会を「驚がくさせる」計画だとして、豪政府に対し計画の見直しを要求。ハント環境相へ宛てた公開書簡の英語版で、「この動物大量虐殺は非人道的でばかげている。猫たちを殺すことは残虐な上、今回猫を殺しても残った猫たちが繁殖を続けるだろうから絶対的に無益なことだ」と述べた。さらにバルドーさんは、動物を破滅させるために確保される資金を大規模な避妊手術運動に振り向ける方が良いと主張。相次ぐ動物の殺処分によってオーストラリアのイメージは傷ついていると述べた。

豪政府は今年初め、同国南東部でコアラの過密状態が餓死を招いているとして、700匹近いコアラを殺処分した。また内陸部の辺境地帯アウトバックOutback)では、土地を保護するためとして、野生化したラクダや馬の殺処分を行っている。

動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of Animals、PETA)」は22日に発表した声明で、過去に行われてきた動物の殺処分は効果がないことが証明されているとして、豪政府に対し、猫の繁殖力抑制などより長期的で殺処分を伴わない解決法を求めた。

・・・・・・・

アカデミー賞受賞反捕鯨映画『ザ・コーヴ』を反証!衝撃のドキュメンタリーがモントリオール上映

2015年09月03日 15:09 シネマトゥデイ