読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OOOX1AE

 実は、昨年の12月の年末に、Martin購入してしまいました。通常ギター買う時はかなり迷います。でも今回はほぼ衝動買いみたいなもの。

 今年は秋に行われる大学軽音楽部のOB演奏会にソロで出てやろうと思いました。となるとアコギ演奏のマイクどりはPAに嫌がられるかも・・・じゃあピックアップ付きでと思っていましたが、現状の手持ちのアコギにピックアップを付けたり改造したくないので、それならピックアップ付きのギターを1台買うかな・・・と。

 で池袋クロサワ行ったら、2年くらい前からXシリーズでPU付のものがあったのでこのシリーズの中から買ってしまいました。ま、安いです。ほとんどおもちゃ的かも?

  OOOと言いながら変なんです。スケールは短くなくOMと同じ・・・。じゃあOMって言えばいいのになぜかOOO

 さてそれでいろいろありましたが最近これをアンプに通して弾くようになってから心境の変化あり。

 トップ板はスプルースの単板なんですが、サイドバックHPL・・・。これって、なんのことはない、木くず(おが屑?)に接着剤をまぜて高圧でプレスしたようなもの。ベニヤ(合板)よりランクとして下かも?

 まあ生音はもちろんチープです。でもチープとは言えしっかりとMartinの音。倍音はわずかですがあります。でも胴鳴りはまったくありません。

 さてアンプに通しました。すると音は断然豊かになるんですね。そ〜かコンセプトは生音ではなくアンプを通しての音作りなのかって感じました。それでいろいろエフェクターで音色調整を研究・・・。

 軽くコーラス(ほとんど0.5〜1目盛くらい)とリバーブ(3目盛くらい)の浅い残響音設定で、奥行き感と鈴鳴り感が作れました。

 はは〜そうなんだ、一昔前からMartinが高級指向と大衆指向の2極化に進んでいる理由がわかりました。これじゃハイスペック高級Martinはエレアコの若者世代には売れないでしょうね・・・と感じた次第。でもこれはこれで年寄りにも病みつきになりそうなギターです。

 それで4月8日と24日に近くのライブハウス(大塚、池袋)のオープンマイクに一人で参加。数曲演奏して席に戻ると、他の出演者から「それマーチンですか? いい音ですね」と言われた。

 別の店の店長からも「それMartinのLシリーズ? えっ、Xシリーズなんだ。パワーのあるピックアップねー。原音忠実に拾ってるしね。PA通してもMartinの音だね」と言われた。

 確かに他の出演者のギターでマーチンの人はいませんでした。他のギターはみんなペラペラの薄い音かな。自画自賛じゃないけど自分のギターはライブハウス位の広さの空間でPAからの音出しにすると音の粒立ちや深みがあり、弾いていてもお〜という感じ。エフェクターで音をいじらなくてもいいみたい。ピックアップ通してもああMartinの音なんだと再発見。

 さて、というわけでその後、家で自分のお気に入りのMerrillを弾いたら、腹に来るドスンという胴鳴り・・・これ、エレアコにはない迫力。いやはや、なんのなんの、まだまだナマのほうがいいかなと思ったオヤジ世代の自分でした。