読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煙草の吸いがらが、灰皿でくすぶっていた

いまから三十年以上前、実家で猫を飼っていた。

父親が、喫煙の習慣があったが、煙草の吸いがらが、灰皿でくすぶっていた。

私が気がついて、灰皿を台所に持っていき、水を少しかけて消し止めた。

よく見ると、飼い猫がいなかった。

飼い猫は、自分だけバスルームに避難し、そこで座っていた。

にゃんこが深夜の火事から家族を救出!「ニャゲて〜」と飼い主を噛んで起こす