読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイラインがぶれてしまうという方へ

アイラインがぶれてしまうというお悩みをお持ちの方は、少なくありません。

そこで、「ぶれない引き方」のコツをお伝えするのですが、それでも、どうしてもぶれてしまうという方は、「ぶれにくいアイテム」を徹底的に選ぶことも大事です。

今日はその両方をお伝えしていきましょう。

ではまず「ぶれない引き方」のコツ。

・アイライナーを持つ手の肘は、テーブルに付けて固定する。

・手鏡ではなく、卓上鏡か壁鏡を利用し、反対の手をフリーにする。

・反対の手は、まぶたをおさえ、まぶたがブルブルしてしまうのを防ぐ。

・顔の角度は、顎を上げ、見下ろすように鏡を見る。

・その顔の角度をキープするのが難しい場合は、目を細め、尚且つ眉毛を上げるという表情をキープ。

上記のポイントを気をつけるだけでも、今お使いのアイライナーでぶれなくなる方も多いのですが、それでもぶれる!という方は、アイテムの見直しをしてみましょう。

・ペンシルの場合も、リキッドの場合も、柄の長いタイプの方が、ぶれにくいです。特に、ペンシルタイプで、削って削ってかなり短くなっている状態のアイライナーは、持ち手が不安定でぶれやすいです。文具店などで売っている鉛筆ホルダーを使うか、新しいものに変えてみましょう。

・ペンシルの場合で、芯先がきちんと削られていない状態だと、皮膚にあたる芯先の面積が不安定で、ガタつきが出やすくなります。きちんと削って使うようにしましょう。削るのが面倒な場合は、繰り出しタイプに変えるのも1つの案です。

・リキッドの場合で、筆先が柔らかいタイプは太さが不安定で初心者の方には特に、ぶれやすくなってしまいます。買う前には、いくつかのリキッドアイライナーを手の甲に当ててみて、最もコシのある(弾力のある)筆先のものを選んでみましょう。

・上記と繋がることですが、リキッドの場合は、筆の根元が太くないものを選びましょう。筆の根元が太いと、ぐっと力が入ってしまった時にアイラインが太くなってしまい、ラインのガタつきに繋がってしまいます。筆の根元が細ければ、多少、力が不安定でも、さほど太さのガタつきが出にくく、オススメです。