読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若いと思うと態度が違う世間様w

暮らし向きがよろしくないのでバイトをしてるわけですが。

(そして転職活動中)

なんだか最近納得がいかん!

女は賞味期限とやらがあるというのは

聞いたことはありますがこうも露骨に態度に出されるとムカッとする

年々見た目年齢が逆行している時間の流れがおかしいまりあさん。

特にアンチエイジングとか整形とかしてるわけじゃない。

むしろ、化粧も落とさず化粧水、乳液すらつけずに寝ちゃったりする。

どうして見た目年齢が年々逆行して若くなっていくのか

本人にもわかりません。

今年に入ってついに20代に見られるようになってきた(-_-;)

娘が20歳だっちゅーの。

いったいいくつの時の子だよ!(汗

バイト先にやってくる初めて顔を合わせる年下の息子くらいの

お客さん達が「年いくつ?」と聞くんだけれど

オーナーに今年からまりあさんは年取らないことにしましょう!と

言われたので(なんともうすぐ49歳だからだ!w)

すぐに始まる年齢あてにのらりくらりとかわすことにしたw

そしたらね、勝手に年齢をむこうが決めてくれるの。

だいたい自分より2つくらい年上w

見た目年齢一番下は27歳

上は37歳。

だーれも私がオカンくらいの年齢だなんて気づかない。

むしろ、言うとびっくりされて絶句される。

特に女性は口あけて言葉を失くす美容部員のお姉さま。

(そらそうだろ。何にも高い化粧品使ってないし、売りつけられないんだもの)

ちなみに、愛用の基礎化粧品は

1本千円もしないロート製薬ヒアルロン酸化粧水と乳液だけ。

適当に話合わせて年齢もそうそう、そのくらい〜と

適当に言っとけば楽しければいいのらしい。

今まで正直に生きてきた私としては

かなり納得いかないわけですが、

ちょっとまってまって。

年齢を言わなくなったら仕事がやりやすいやりやすい(-_-;)

私は何も変わっちゃいない。

相手が思ってる私の年齢がひとまわりがふたまわり年下なだけ。

たったそれだけで

優しくされるわ、関心持たれるわ

話を盛り上げてくれるわ、デートしようとか連絡先聞かれるわ

「かわいいね」とか「美人だね」とか

バイト先で今まで聞いたことないわ!!!!(笑)(笑)(笑)

もうね、魂胆が私には見える!見えるのよ〜

若いおねーちゃんとえっちしたいだけじゃん!(-_-;)

おうちが近いと知るとさらに

その行動はパワーアップ(-_-;) 怖いわ!w

結婚して一緒にお店を!とかいう板前さん(-_-;)

こ、こわい(-_-;)

えっとあのその・・・・ムリ(-_-;)

言えないのがつ、つらい〜

実は私、一緒にバイトしてる大学生ちゃん達より

男あしらいが苦手というか得意じゃないの(-_-;)

あかんオババだ〜

しかし、見た目が若く見えるからって

バイトとはいいながら見た目年齢を切り売りするような

商売は疲れるですよ!

うわ〜

バブルの頃みたいにきちんとした月給くれて

ボーナス5ヶ月とかくれる会社とかだったらバイトなんてしないのにな〜(-_-;)

見た目年齢のお陰で

絶対採用されない年齢でいい時給のバイトも出来るだけですが・・・

女は見た目年齢というか

そこそこ若くないとやはり世間様的には

「賞味期限」なるものがその態度から絶対的に存在してるというか・・・

無意識なんだろうけど、「種の保存」に動かされてるんでしょうね。

自分のコピーである子供を産める個体であるかどうか=若い女ってね。

だろうよ!

私にお願いされても産んだら私の生命維持がやばそうだもの!

産む時死んじゃいそうだもの!  ←体力ないしw

多分、世の中って

そーいうことなんだろうなぁ。

仕事やりやすいし、私の年齢がいくつであっても

誰も関係ないだろうし、楽しければいいんだろう。

嘘ついてるようで気がひけるけど

勝手に若いと思わせておこう。

「へぇ。オーナーより年上なんだ!てことは38歳?

見えないね!」と笑う年下のお客さん。(-_-;)

う〜む。

多分オカンと年近いよ私wwwwww

それよりさらに10歳も上だなんて

ものすごいショックを与えるので最近とても言えなくなってきたので

年齢不詳でいっかw

何にしても

お金を頂くというのは大変なことだわ〜

年齢詐称ではないが、勝手に若いおねーちゃんだと思わせて

ごめんよ(-_-;)

もー早くいいお給料で安定した

就職先決まるといいなぁ。

履歴書だけは見た目年齢じゃ通らないんです。

年齢でブチ落とされるのでどんなに資格持ってようが

がんばってようが通用しない。

しかし立ち止まるわけにはいかん。

男に頼るのも危険なので嫌。

女の賞味期限なんてどうだっていい。

私は安定した生活とオフィスできちんと働くまっとうなお仕事だけが

欲しいのよー!

きっと男に生まれたほうがいい性格だったんだろうな〜

ダメならはい、次々!!

へこんでたり立ち止まってる暇はない。

蛭子さん回

『スタジオパーク』22年で幕 “大ファン”三谷幸喜氏「いいとも終了以上のショック」

OCC東海 平日部 美浜サーキットRun&Lunch

先々月は雪で中止、先月はエントリー間に合わず、

今月はラヴォイタオープン戦の前日ってことで

今年になってからもろまえ一度も参加なし。

フリー走行含め今年はまだ1回も美浜走っておらず

アタックシーズン終わっちゃうじゃんってことで・・・、

本日、OCC東海 平日部 

『美浜サーキットRun&ランチ』に参加〜。

参加車種はこんなカンジ。

9C枠でまずは全車が走行。

気温・路面温度ともに適温で46秒台は入るかな〜

・・・と思ったけど、

3周しかクリアラップ取れず、

そしていまいちタイムも出ず・・・、

47秒112と平凡なタイムで終了〜 (TωT)

なんとなくこれ以上走ってもタイム出ない気がしたので自分は1枠で終了。

他の人はまだ走るってんで・・・、

EG6の同乗したり〜、エリーゼの同乗したり〜、

ビート乗る前にEG6乗ってたけど、何気に24年振りに運転してみて

「あ〜こんなカンジだったわ〜」と、ちょっと懐かしかったり。

走行後は『ピッツェリア パッソ アヴァンティ』へ。

https://tabelog.com/aichi/A2304/A230403/23052472/

サラダ・ドリンク・ドルチェの付いたセットで、

ピザは『クワトロ・フォルマッジ』を。

モッツァレラ・ゴルゴンゾーラ・バルミジャーノ・自家製リコッタの4種のチーズで

チーズ好きにはたまらない。

って、あれ?

先週も似たようなの食ったような・・・(^p^)

からの〜、

チッタナポリに移動して撮影会。

最後は『ノアノア』に移動してお茶。

http://www.noanoacafe.com/

お昼のピザが結構腹持ち良くて、珍しく甘いモノなしでコナコーヒーのみ。

そしてここで解散

本日参加のみなさん、お疲れさまでした〜(^O^)/

チョーカー

オレオさんから

連絡が来た。

「そういえば最近」

「新しいチョーカー買ったんですよ」

「この前の中華料理店ライブで付け忘れちゃいました」

ん?

チョーカーってな〜に?

そしたら

写真が送られて来た。

おおお!

チョーカーって首輪のことか!

確かにラーメンの丼に書いてあるような

中華料理店っぽい模様。

そして

陰陽マークが付いているし!

「今度のライブでつけますね」

うんうん。

付けて来て〜

ふぅ。

最近思うのだけど

女子から教わることが

とても多い。

何か分からないけど

女子はみんな優しい〜

今日もひとつ

勉強になったよ。

チョーカーね。

メモしておこう。

オレオさん

ありがとう!

僕の知り合いの

女子の皆さん

ありがとう!

(^∇^)

おわーり

ゆうちょダイレクト申し込み

数年放置した口座を、資格の送金のため復活。

600円くらいしか入ってないww

職場近くの郵便局がATMも公務員並みの時間で閉まるので

面倒ながらゆうちょダイレクトを申し込むことに。

WEB完結?…かと思いきや、手元に通帳が必要だったり

結局郵送で届くトークンがないと制限されたまま。

登録するメアドはキャリアメール使えと再三しつこかったり

郵送先は口座登録住所以外に変更できない仕様で、やや不便。

暫く使っていない口座だったので、実家の住所のまま。

実家に帰るまで足かせ付きのゆうちょダイレクト。当分脱獄できない。

おかげさまで

以前に日記に書いた、組織の代表との対決。

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1958102946&owner_id=20116861

おかげさまで、非常に良い形で伝わり、

感謝とともに、他にも忌憚なき意見を聞かせて欲しい、と言ってもらえました。

これからしばらくは、ずっとお伝えしたかったことを伝えていくことができそうです。

礼節を尽くし、誠に研ぎ澄ませて研ぎすませて言葉を尽くすと、必ず相手の誠に届き、相手の中の最も高い境地で応えてくれる。

そういう意味で僕は人間というものを楽観的なほどに信頼しています。

そして今回もその通りになりました。

この選択によって僕は境界線を広げてより遠くまでを自分の安全地帯とし、そして自尊感情を獲得しました。

自信や自尊感情というもののベースは「私は存在しているだけで価値がある」という感覚で、これは幼少期の親との関係から与えられるもので、

その部分が不足していたり傷ついていたら、セラピーで癒やしていくことができます。

でも、そういったセラピーで取り戻すことができるのは、自信の「ベースの部分」までで。

そこから先の自信や自尊感情は、自分の誠から発せられる「そこを超えよ!」という声にどこまで勇気を持って従ったか、その積み重ねによって作られるものなののようです。

その声を無視しておいて自信がある、とはどんなセラピーを使ってもできないのです。

自分の内側の誠の声を無視すると心に罪悪感が生まれ、それをごまかすために「俺にはできないわけだから…。」と外側のせいにするとともに、自分の力を失います。

自分に力があるとすれば、その難題を避けた自分の罪悪感に耐えられない。

だから「仕方が無かった」ということにしておく。

そのために自分の力を明け渡す。

人は無意識にそういった裏取引をしています。

そして自分でもなぜ自分が自信がないのか、なぜこんなに自尊感情が無いのか、今となってはその理由もわからない…。そんな状態になっていきます。

でも、取り戻すことはできるんですね。

あ〜。人のせいにして本当は自分の誠に従うのが怖かっただけだった…と。めんどくさかっただけだった…。と。

それを自分に謝罪し、もう一度誠に従い出すと力は取り戻され、被害者ではなくなり、人生の創造者になっていきます。

誠に従う度にちょうどよいチャレンジが訪れて、境界線が広がり活躍できる場が広がり、自信と力を拡大して行ける。

どんな仕事からでも人間関係からでもその道に入っていくことはできるんですね。

ほんと人生は冒険ですね。退屈しそうになったら良いタイミングで課題が来る。

ほんと面白いなって思います。

夏の季語

甘酒。

我が家では専ら、酒粕甘酒。

砂糖とおろし生姜たっぷりで

冬限定の飲み物なんですが。

母から『友達が甘酒好きだから

ネットで作り方を調べて欲しい』

と頼まれまして。

米麹の甘酒。

子供の頃、神社だかお寺だかで

飲んだ事あるんですが。

ほぼお湯に、数粒米粒が浮かんでるだけの

味のない甘酒だったので。

余り米麹の甘酒に興味はなく。

大まかな作り方は知ってるけど

詳しいレシピは知らないんですよね。

炬燵とか、湯たんぽ、魔法瓶etc…

色々あるけど、ポピュラーな

炊飯器を使ったレシピをググって

印刷して母に渡したんですが。

『ところで、米麹の甘酒って

花粉症に効くらしいよ?』

と言ったら、母が物凄く興味を持って。

『でも、作るのが面倒臭そう』とか言うので

私の持ってるヨーグルトメーカーを使えば

簡単に出来るかも?と応えたら。

年がら年中、何かしらのアレルギーで

鼻炎に悩まされてる母は、早速近所のスーパーで

米麹を買ってきましたよ(笑)。

長くなるので、続きは明日。